インプラント治療前のソケットリフトとは

###Site Name###

インプラント治療を行う場合は、特に上あごの奥歯の骨が薄いと手術を行うことが難しい場合があります。
そのような場合は、ソケットリフトを行うことによって、インプラント治療を行うことができるようにします。このソケットリフトとは、専用の器具を用いて、上あごの骨の一部分を粘膜側へずらすという方法で行われます。

これにより、十分にインプラントを埋め込む深さを確保することができるようになります。

今よりも横浜のインプラントの情報を多数ご用意したサイトです。

ソケットリフトは外科手術として行われることになりますが、主な流れとしては、ドリルで骨を削り、ドリルで空いた穴に専用の器具を挿入し、粘膜がある方へ骨を移動させていきます。
このずらした部分にインプラントを埋め込むことができれば、最後に歯茎を縫い合わせていきます。

マイナビニュースについての情報ならこのサイトです。

ただし、このソケットリフトを行うような場合には、メリットとデメリットがありますから、それをよく理解した上で、手術を受けるということが大事になってきます。ソケットリフトのメリットとしては、外科処置の範囲を最小限に抑えることができるということ、痛みや腫れ、出血を抑えることができるということ、身体的な負担は少ないという点がメリットとしてあげることができます。
次に、ソケットリフトのデメリットとしては、治療を受けることができる人が限られてしまうということ、粘膜の状態がわからないというデメリットがあります。

また、どのくらいの効果をあげることができるかについては、個人差もありますから、よく担当医と相談しながら行っていくことが大事になってきます。

大阪のインプラントの欲しい情報が手に入りました。